>  > 【送料無料 シエンタ 170系専用】 185/60R15 15インチ BRIDGESTONE ブリヂストン エコフォルム CRS/15 6J 6.00-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 SALE サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】
【送料無料】 F:245/35R19 R:275/35R19 WORK ワーク グノーシスCV 201 F:8.50-19 R:9.50-19 NITTO ニットー NT555 G2 サマータイヤ ホイール4本セット

【送料無料 シエンタ 170系専用】 185/60R15 15インチ BRIDGESTONE ブリヂストン エコフォルム CRS/15 6J 6.00-15 DUNLOP ダンロップ エナセーブ RV504 SALE サマータイヤ ホイール4本セット【DUsum18】

このブログは文庫形式で論評を収録してあります。保存を目的にした文庫ブログですから ブリヂストン REGNO レグノ GRV2 サマータイヤ 245/45R18 WEDS WedsSport ウェッズ スポーツ SA-54R ホイールセット 4本 18インチ 18 X 7.5 +45 5穴 114.3、収録した記事・論評の検索には特に心を配っております。政治、外交、歴史など硬派の論評を収録してありますが、ユーザー数は一万五六六二、収録記事・論評は二万〇四二一を超えました。

また三月五日から表題に私の名前をつけずに記事・論評の執筆者あるいは掲載社名を付記することにしました。

姉妹ブログとして「歴史と神話 杜父魚ブログ」(収録記事数三百二十一本)があります。

全タイトル | 歴史と神話 (ブログ) | 杜父魚文庫 (Webサイト) | (admin)
スポンサーサイト
2019.02.14 Thursday name : スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |







安倍首相がなぜナショナリストなのか   古森義久
2013.08.18 Sunday name : Jeo
ジョージタウン大学のケビン・ドーク教授との対談の続きです。雑誌VOICE8月号の記事の転載です。

ここでは安倍晋三氏に対してアメリカの一部から飛んでくる「ナショナリスト」というレッテルの意味などについて、論じています。

ケビン・ドーク 前述の靖国参拝に関して、日本に罪は一点もありません。しかし、慰安婦問題には罪を問われる部分があると思います。売春ですから 【送料無料】 205/50R17 17インチ INTER MILANO インターミラノ レイジー M7 7J 7.00-17 DELINTE デリンテ D7 サンダー(限定) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、どう見ても素晴らしいこととはいえない。ただし慰安婦問題に関する論議を見て、おかしいと感じること があります。それは「軍がどこまで関与していたか」という点に議論が集中しすぎる点です。それよりも女性たちが不運な道を歩んだことへの同情 【送料無料】 F:245/40R19 R:275/35R19 OZ SL-3 F:8.50-19 R:9.50-19 NITTO ニットー NT555 G2 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、思いやりの 気持ちが語られるべきでしょう。

■「安倍ナショナリズム」を怖れるアメリカ

古森義久 今回の靖国参拝の問題について唯一、これまでと異なる点は、アメリカ政府周辺の反応が以前より日本にやや冷淡であることです。ワシントンでは「靖国参拝は好ましくない」という声も漏れ聞こえます。その理由として、安倍総理の体現する主張が偏狭なナショナリズムとしてアメリカ人に誤解されているという側面があります。

私もワシントンで安倍晋三氏に対するマスコミや政治家の反応をみていると、よく「ナショナリスト」や「ナショナリズム」という言葉が使われることに気づきます。ナショナリズムという言葉にはさまざまな訳があって、「民族主義」や「国家主義」、ドーク氏の訳では「国民主義」ともいいます。しかし一般にナショナリズムという言葉は、ネガティブに受け止められる傾向があります。

たとえばアメリカの大統領がアメリカ人の誇りやアイデンティティを強調する、あるいは国家の利益を主張するとき、その人物は「愛国者」(patriot)と呼ばれます。「彼はナショナリストだ」という言い方はされない。一般にナショナリストというと、言外に相手国を見下しているような響きがあります。

ドーク 多くのアメリカ人が、日本に関して「ナショナリズム」という言葉を聞くと オリジナル フロアマット プレミアム NISSAN 日産 ラフェスタ (4WD/ハイウェイスター) 年式 H23/6~次モデル [プレマシー 7-1] 車種別 カーマット 床 車、想起するのは第二次世界大戦の真珠湾攻撃です。かつて自分の国を攻めてきた戦争の記憶と、日本のナショナリズムを結びつけている。この点に関してむしろ私の認識は間違っていることを望みますが、どうもそれが事実ではないか。
 
遡るとこのイメージは、GHQ(連合国軍総司令部)の最高司令官ダグラス・マッカーサーがもっていたと思われる認識に通じます。彼にとっての日本のナショナリズムとは軍国主義であり、それを民主主義に対する敵として封じようとしました。

東西冷戦が終結に向かうなかで、ソ連の支配下にある東欧諸国が民主化へ向かいました。そのとき分かったのは、「民主主義はナショナリズムなくして実現しない」ということです。ポーランドのような国はまさにその実例で、ワレサの率いる組織「連帯」が進めた民主化とナショナリズムは一体のものでした。

冷戦時代、ソ連はポーランドに勃興するナショナリズムに怖れを感じ、抑圧しようとした。同じことがいまのアメリカにもいえます。冷戦時代におけるソ連とポーランドの関係(そこには「反ソ」の要素も含まれます)は、現在のアメリカと日本の関係と似ている。この感覚は、日本人にはまったく意識されていないと思います。むろん、民主主義の日本は共産主義だったポーランドと歴史は異なります。しかしこれは現にあるイメージです。

6J エナセーブ ダンロップ 【送料無料 ホイール4本セット【DUsum18】 170系専用】 15インチ SALE BRIDGESTONE CRS/15 シエンタ RV504 DUNLOP エコフォルム サマータイヤ 6.00-15 185/60R15 CRS/15 6.00-15 ブリヂストン


古森 戦後思想の欠陥として、国(ナショナル)というものを悪のように考え、日本人みずからがそれを抑圧してきたことが挙げられます。日本とはあらゆる部分でバランスのとれた、平和な国ですが、欠けるのはこの国家意識です。アメリカや中国の怖れる「安倍ナショナリズム」もきわめて普通かつ普遍的なもので、どの国にもある国家や国益という概念を認め、防衛の権利(主権)を憲法で定めるというものです。いままでに日本にはそれがあまりに欠落していたため、安倍氏は単にその空白を埋めようとしているだけなのです。

ドーク 私の見るところ、安倍総理はおそらく本能的に東西冷戦の仕組みや冷戦後の構造を察知し、そこから日本が脱却しなければいけない、と感じているのだと思います。そのため、ナショナリズムに象徴される要素を政策的に使うべきだと考えたのではないでしょうか。私のお会いした安倍総理はとても知的で、ユーモアがあり、いろいろなことをよく知っているという印象でした。

一部の識者が恐れているのは、日本が本当に主権を発揮すると、アメリカが期待するような同盟国の役割を果たしてくれないのではないか、ということです。さらに『ニューヨーク・タイムズ』紙のように、日本のナショナリズムを危険視し、安倍政権の日本は軍国主義に向かうという意見がある。これはダグラス・マッカーサーの時代に生きている人たちの発想だということです。

古森 いくらアメリカや中国に「日本が軍国的になっている」といわれても、われわれ日本人は実感が湧かない。保守主義は別にして、普通の国際基準からすると 【受注生産】【グレイス Grace】ウィッシュ/WISH (7人乗) 等にお勧め ラグジュアリーダイヤエディション LDB [Bラインレザー仕様] シートカバー 1台分 型式等:ZGE20W / ZGE20G / ZGE25W / ZGE25G 品番:CS-T051-C、いまの日本はもう少し軍事的にならないと国の安全が危ないと思っているぐらいです。それほど日本は国を守るための方途をもたない。日本を警戒するのは、よほど自分たちに自信がないか、日本の実態を知らない、あるいは知っていても認めたくないのではないでしょうか。

ドーク 人間は不安のなかで生きていると、現実を認めることが難しくなります。事実、いまのアメリカは国際社会に対するコントロールを失いつつあります。

われわれはいま、ある意味で歴史的な分岐点に来ています。アメリカは、日本がこれからどういう国に変わると考えているか。そして、日本が変わることを認めるのか。これを端的に表せば、日本を「怪物」【モンスター】として見るかどうかです。アメリカの一部には、「日本が憲法を改正すると軍国化して戦争を起こし、他の国を侵略するので、現段階で抑えなければいけない」という見方がいまもあります。

古森 日本は危険な国で、

、ハンディキャップを課さなければならないと考えるのは、日本人に対する人種差別でしょう。われわれのDNAに危険因子が入りこんでおり、放っておけば戦争を起こす、と考えるのは、台所に料理包丁を置くと、必ず人が刺されると思うたぐいの偏見です(笑)。 

以前、慰安婦問題をめぐってアメリカのPBSという公共放送の取材を受けたことがあります。そこで「われわれが東京裁判に厳しい懲罰も一方的でもそれを受け入れ、戦後賠償も済ませたことについて、また何十年も過ぎて再び罪を問われるのは、法律で禁じる『二重訴追』ではないか」と主張したことがあります。

公正を期すためにいえば、日本を理解し、日本人を尊敬しているアメリカ人は大勢います。たとえば 、アメリカの民主党にトム・ラントス(故人)という下院議員がいました。ハンガリー出身のユダヤ系で、ホロコーストの生き残りという人物です。のちにアメリカに帰化して下院議員になり、人権問題を追及するリベラル派として知られた。その彼が、第一次安倍政権ができたころに「憲法改正は正しいことであり、安倍首相のその努力に賛意を表わす」といったのです。

良心的なアメリカ人は、憲法改正に対して「日本人自身が望むかぎり」、そして「日米同盟を保つかぎり」と前提を必ずつけたうえで賛同します。無条件で反対する議員は、共和党、民主党を通じてきわめて少ないといえます。(つづく)

杜父魚文庫







スポンサーサイト
2019.02.14 Thursday name : スポンサードリンク
| - | 13:18 | - | - | pookmark |







コメント
コメントする
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-99329