>  > 《PIECHA DESIGN ピーチャ デザイン》◇エアロダイナミックセット〈5〉◇Mercedes Benz メルセデス ベンツ Aクラス W176【内容】・シルフラップス・ルーフスポイラー・フロントリップスポイラー
■LED H4 Hi lo■8000lm 3COB■Hi/ Lo■ライトエース H4.1~8.10 R3ヘッド■ [CUSCO] クスコ ストリートオイルキャッチタンク ファンカーゴ NCP21 1999年08月~2005年09月 1NZ-FE 1.5 FF  プロフ【BMW Z4 ダウンサス】 03/1~06/4 2.5L ロードスター前期用 ESPELIR(ESL-118   フレンド 

《PIECHA DESIGN ピーチャ デザイン》◇エアロダイナミックセット〈5〉◇Mercedes Benz メルセデス ベンツ Aクラス W176【内容】・シルフラップス・ルーフスポイラー・フロントリップスポイラー

デザイン》◇エアロダイナミックセット〈5〉◇Mercedes ベンツ W176【内容】・シルフラップス・ルーフスポイラー・フロントリップスポイラー Aクラス DESIGN メルセデス 《PIECHA ピーチャ メルセデス ピーチャ Benz

<<   作成日時 : 2015/07/05 18:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

テレグラフ(英国)の記事

Japan 2-1 England: Laura Bassett's late own goal breaks Lionesses hearts after Aya Miyama and Fara Williams score dubious penalties

http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-3146669/Japan-2-1-England-Laura-Bassett-s-late-goal-breaks-Lionesses-hearts-Aya-Miyama-Fara-Williams-score-dubious-penalties.htmlプレミアムデラックス ラゲッジマット ミニ(BMW) ミニクロスオーバー 2017年02月~ F60 選べる2カラー ミニクロス2-ラゲッジ


署名記事:
By Craig Hope for the Daily Mail
Published: 00:52 GMT, 2 July 2015 | Updated: 19:07 GMT, 2 July 2015


《見出し》

日本2-1イングランド:
ローラ・バセット(Laura Bassett)の終了間際のオウン・ゴールが、ライオネス(イングランド女子チームの愛称・雌ライオン?)達の心を挫けさせる

宮間あや(Aya Miyama)とファラ・ウィリアムス(Fara Williams)に与えられた疑わしいペナルティ・キックによる得点ののちに



≪リード≫

・日本は賛否両論あるペナルティを獲得。クレア・ラファティ(Claire Rafferty)が、有吉佐織(Saori Ariyoshi)をペナルティエリア外で倒した

・33分、宮間あやはカレン・バーズリィ(Karen Bardsley)(GK)を抜いてアジャストしたゴールを決めた

・7分後、イングランドはシュテフ・ホートン(Steph Houghton)に対するファールで、自身もまた議論を呼ぶペナルティキックを与えられる。

・ウィリアムス(Williams)は、助走を加速、イングランドは前半終了前にタイムリーな一撃を決める

・同点で相譲らないアディショナルタイムに、宇津木瑠美(Rumi Utsugi)の危険なボールを(阻止しようと)ローラ・バセットが突っついたボールは、イングランドゴールのネットへ

・ワールドカップホルダー(ディフェンディンぐチャンピオン)の日本は決勝でアメリカと対戦 アウディ A4 8W系用 スタッドレス ファルケン エスピア ダブルエース 225/45R18 91H ユーロテック R スポーツ SL タイヤホイール4本セット、4年前の前回ワールドカップ決勝の再現となる

・日本2-1イングランド:
ここから学んだ5つの点

・サンプソン(Sampson)(監督):
私の選手たちは本当によくやった

・日本2-1イングランド:
選手ランキング


《本文》

我らがライオネス達は、対日本準決勝戦アディショナルタイムでのオウン・ゴールでの傷心に耐え、イングランドは、ワールドカップ決勝への初進出を半世紀を超えて待つことになる。

センターバックのローラ・バセットはゲームを通じて頼りになる選手だった。
議論を呼んでいる2つのペナルティーキック(two controversial spot-kicks)を含めた90分間の攻防の後、運命のアディショナルタイム、その彼女の同点からのオウン・ゴール。

クライア・ラファティ(Claire Rafferty)が、明らかにエリア外でのファウルをとられ、辛うじて得た先制の糸口でキャプテンの宮間あやがゴールを決めた。

だが、イングランドは、シュテフ・ホートン(Steph Houghton)の疑問の余地の残る転倒で得たペナルティキックで、ファラ・ウィリアムス(Fara Williams)がネットを揺らし、すぐに同点とした。


……………………

(注)
ほとんど写真ばかりの記事です。
上記、記事リンク路クリックすると別ウィンドウで記事が開きます。

……………………

《写真1》
チームメイトに慰められるうなだれたローラ・バセット。
まぐれで入ってしまった彼女のオウン・ゴールによって、イングランドのワールドカップが、悲惨な形で終わってしまった後で。

《写真2》
宇津木るみ(Rumi Utsugi)の危険なクロスボールをクリアしようと足を延ばすバセット。しかし、ボールはクロスバーに跳ね返されてゴールラインを超えた。

《写真3》
泣いているバセットを支えるジョー・ポター(Jo Potter)。胸の痛む状況でのワールドカップの幕引きの後で。

《写真4・5》
涙を隠せないバセットーおそらくゲーム中を通じてヒロインだったがー苦く不運なオウン・ゴールへと続いた。

《写真6》
イングランド監督 プロジェクトミュー NS-C ブレーキパッド フロント マツダ CX-8 KG2P 2200cc 2017年12月~、マーク・シンプソンもバセットを慰める。ありえない摩訶不思議な出来事の終わりに。

《写真7》
複雑な感情が入り混じる。前回王者が勝利を祝う一方、劇的な終わり方で傷心のイングランド。

《写真8》
最も残酷な形で自分たちのワールドカップが終わり、わが目が信じられないイングランドベンチ。

《写真9》
心痛む終わりの後、サンプソン(の姿)がイギリス国内のムードを要約している。一方 激安!ナンカンECO-2低燃費!225/60R16、大喜びして両腕を上げる佐々木則夫(Norio Sasaki)(監督)。

《写真10》
ファラ・ウィリアムス

《写真11》
ウィリアムスの鋭いペナルティキックが、日本のGK海堀あゆみ(Ayumi Kaihori)の諦めのダイブをすり抜け前半終了前に同点に追いつく

《写真12》
シュテフ・ホートン、トニ・デュガン(Toni Duggan)、クレア・ラファティ、ウィリアムス、

、ジョディー・テイラー(Jodie Taylor)
イングランドが同点に追いついた後で応援を盛り上げる5人

《動画1》
ジャック・オトゥリ(Jacqui Oatley)のスタジオでのリアクションーーファラ・ウィリアムスの同点シュートで

オリジナル記事の動画をみてね
http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-3146669/Japan-2-1-England-Laura-Bassett-s-late-goal-breaks-Lionesses-hearts-Aya-Miyama-Fara-Williams-score-dubious-penalties.html

《写真13》
大儀見優季(Yuki Ogimi)は 、イングランドのスキッパー、ホートンにペナルティエリア内でのファウル判定を受け、日本チームをがっかりさせた

《写真14》
ドゥーガンが主審のアンナ―マリア・ケイゴリー(Anna-Marie Keighley)にペナルティに対するアピールをしている時、エリアの中には9人の日本の選手達がいた

《写真15》
ラファティの有吉佐織に対するチェックは、ペナルティキックを与える罰となった、議論を呼ぶ判定、ファウルはエリア外であったにも関わらず

《写真16》 テレビ映像からのキャプチャ
ラファティと有吉はエリアの外で衝突した。とは言え、ペナルティキックは与えられ、宮間あやの得点によって日本はリードした。

《写真17》
宮間は、興味深い、スムーズに進まない時間のかかる助走で、だが、一つのミスもなく、メリハリのあるフィニッシュで(見る者を)驚かせた

《写真18》
先制得点の後、円陣を組んで日本チームが祝福している時に、エリアの外を意味深長に走るブロンズ(Bronze)

《写真19》
まずまずの状況が続いた後半、自分の放ったシュートが海堀にしっかり止められて SilkBlaze LynxシルクブレイズリンクスエアロMH55/35ワゴンRスティングレーアイラインガーニッシュ (単色塗装)、残念そうなエレン・ホワイト(Ellen White)
<
《写真20》
不意を突かれた日本を捉え、ウィリアムスの最高のコーナーキックをヘディングするジル・スコット(Jill Scott)


以下、工事中

テーマ

関連テーマ 一覧

同じテーマのブログ記事

《PIECHA DESIGN ピーチャ アクセル デザイン》◇エアロダイナミックセット〈5〉◇Mercedes Benz メルセデス (フロント左右2本)ティーダ(C11)(2004/9~)KYBローファースポーツ(フロント左右2本) ベンツ Aクラス W176【内容】・シルフラップス・ルーフスポイラー・フロントリップスポイラー

「ワールドカップ」

→ もっと見る みんなの「ワールドカップ」ブログ

「イギリス」

→ もっと見る みんなの「イギリス」ブログ


<< 前記事(2015/07/05) ブログのトップへ 後記事(2015/11/03) >>

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば スピリット スペックN 車高調 CX-3 DK5FW 取付セット アライメント込 SPIRIT SPEC-N 車高調整キット サスペンションキット ローダウン コイルオーバー【店頭受取対応商品】、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)
タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用)
タイトル
本 文

コメント(0件)
内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文
<< 前記事(2015/07/05) ブログのトップへ 後記事(2015/11/03) >>
なでしこーイングランド戦 議論の余地のあるPK 誤審と言わないまでも… manxmouse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ: 大  中  小  閉じる {yahoojp} {manannan.at.webry.info}

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-83556